社会性昆虫を対象として,分類学・系統学・生態学的研究などを行っています.主な研究内容は以下の通りです.

 

 

1.  社会性狩蜂の分類・系統学的研究および生物地理

 主にアシナガバチ亜科(Polistinae),ハラホソバチ亜科(Stenogastrinae)に関する記載分類.DNA塩基配列情報を用いた系統関係の推定と生物地理に関する研究.

Eustenogaster nigra Saito & Nguyen 2006 (ハラホソバチの一種)

 

2.  社会性狩蜂コロニーの血縁構造に関する研究

チビアシナガバチ属のコロニーの血縁構造(特に巣を物理的に分割する行動がみられるR. plebeianaについて)と形態的カースト分化に関する解析. 遺伝マーカーを用いた個体間の血縁関係の推定や,解剖・形態計測・統計分析によるカースト分化様式の解明.ハラホソバチ類のコロニーの血縁構造に関する研究

R. plebeianaによるcomb cutttingのイメージ
R. plebeianaによるcomb cutttingのイメージ

3.  社会性狩蜂の越冬生態に関する研究

ホソアシナガバチ(Parapolybia)やハラホソバチの越冬集団の形成過程などに関する研究.

その他アシナガバチやスズメバチの越冬様式に関する研究.

ムモンホソアシナガバチParapolybia crocea (左)とホソアシナガバチParapolybia varia (右)の越冬集団   

 

4.  寄生線虫に関する研究

ホソアシナガバチに寄生するタマセンチュウ属(Sphaeruralia)の一種の感染動態の解明

 

5.  その他の社会性昆虫を対象とした生態学的研究 など

捕殺トラップを用いたスズメバチ類に関する研究

茨城県内での調査風景


福島県只見町のアリ相調査(北出教授との共同研究)

シロアリと原生生物に関する研究(北出教授との共同研究)

アリ類の生態に関する研究(詳しくは、まだヒミツ!)